中小企業・小規模事業者のみなさまの成功を間近で。

貴方の事業は美味しいか?

この投稿は、約2年前にFacebookに投稿した記事です。
比較的レスポンスがあり、今は食がブームみたいなので、少し手直しをして再掲致します。

***

少し乱暴な物言いを許してくれるなら、事業というのは、何となく料理のようなもののようで、いくら自分はうまく感じようが、まずは調理してお客様に出せないと話は始まらないわけです。

いくら素材が良くても、特別なものであっても、季節限定であっても、名産特産であっても、何であっても、何かしらの調理をして、

「これが手前どもの料理でござーい!」

って、出せなければ始まらない。

そして、肝心の味である。
どんな素材でもどんな調味料でも、うまくなければ、次はおろか、お金すら支払ってくれないかもしれない。

店構えもお皿など食器も大事だし、接客も大事だ。
多少料理がまずくてもいい場合だってあるし、店構えの見栄えが悪くてもすこぶる美味い店もある。
決して美味しくもないが、お店の雰囲気やスタッフに笑顔の可愛い子が居ればそれだけで法外なお金を支払う人だっている。

オーソドックスな料理もあれば創作料理だってある。
エスニックもインドも中華も何でもあるし、自由だ。

そうこう考えると、自分の会社の事業が行き詰まったりしたら、自分は何料理でどんな皆さんに何を召し上がっていただこうとしたのか、そもそも材料があって調理のスキルもあったのかなど、料理屋と調理人などスタッフと食材と腕前とその他諸々と、それぞれの飲食店になぞらえて考えてみるとわかったりする。
例えば、そもそもイタリアンを食べる人たちが居るのか?とか、いろいろ見えてくる。

それでいて、だいたいの中小企業はラーメン屋や麦とろ屋みたいな単品の料理屋みたいなもので、レストランなんてまずない。居酒屋に類するもない。
そういう時、フードコートみたいにやるのもいいし、仲間で一緒にレストランやっても良いし、加工品にまわって食材を卸す側になったって良い。

とにかく、うまそうなものを作り出して、うまそうなニオイをさせないと、中々人は振り返らない。
それが初めてのものならなおさらね。

差別化だとか、新しいものとか、オンリーワンとか、ちょっと変わったものを提供すると、利用者は、その新しいものとかオンリーワンさ加減とか、よく解らない場合が多く、伝わっていない。これも料理などと同じだ。
作り手や提供者は、例えば料理ならば、その作り手である料理人は、特徴や違いはわかるのだろうけど、利用者は、気味悪がって箸もつけないことはままある。
そういう時は、断然お分かりの通り、美味そうな匂いを出さないと。
新しいことなどをやりたい人は特に。

でも、それでもまだまだ注意が必要である。
利用者の多くは、自分が思っているほど、実は鼻が効かないものである場合が多い。ですから鼻が効く人がそばにいないといけない。
鼻が効いて、これは美味そうな匂いだよ!とくれば、かなり良いんだけど、実は、味もわからない人も多かったりする。
ですから有名な人とか権威のある人が美味いと言われれば美味い気がしてそのうち美味いと本当に感じる。
それでも、身体は正直で、なかなか長続きはしないものでもある。
無理して食べる人もいるが、無理は大概の場合、続かないものです。

ですからなおさら本当に味がわかる人が必要であるが、多くの場合、味の解る人=有名な人という括りをしがちで、そうなると、これがなかなかそばにいない現実がある。

中小企業や小規模事業者にとって本当に今必要なのはこういった目利きや本当の味のわかる人を身近に見つけることかも知れない。加えて、誰が本当に味のわかる人か見つけるためにもコツコツと提供し続け、それぞれにかわりなく提供し、わかりやすく伝えていく根気とスキルが経営者には必要なのかも知れない。



センターの構築・開設から
運営代行・アウトソーシング
人材教育・制度の設計など
コールセンターのことならICIへ


092-739-5331
info@icii.jp

 


 

〒 810-0041  福岡市中央区大名2-12-10 第2赤坂ビル4F
ICI株式会社
TEL:092-739-5331
info@icii.jp


会社に関するお問合せはこちらから。