中小企業・小規模事業者のみなさまの成功を間近で。

私たちについて

代表者あいさつ

 

日本の社会は99%が中小企業・小規模事業者とその中小企業・小規模事業者で働く約70%の従業者数とその家族によって支えられています。

私たちは、日本の明るい未来と幸福な生活は、この中小企業・小規模事業者の持続的発展がなければ、その実現はないと思っています。

この想いが、私たちが2004年2月に会社を設立に至った目的になっています。


私のこの想いは、私が30年以上前から数年間、従事した経営コンサルティングファームで教えられたものです。

また当社の事業のベースは、その後、ご縁をいただいた九州の地で、そこでお世話になった会社で従事したコールセンターで体験したものです。

この2つの会社で得た経験・知見や培ったノウハウが私たちのあらゆる事業のベースになっています。


私がかつてコールセンターサービス事業会社に在籍しているとき、大企業が潤沢な経営資源をフルに活用し、経営・事業や生産、販路開拓、販売など様々に活用し、大きな成果をあげるためのお手伝いをさせていただきました。その成果を支えていたものが、お客様との様々なコミュニケーションから得た情報でした。

コミュニケーションから得た情報は、あらゆる部門、場面で利活用され、様々な問題や課題を解決していくプロセスを、実際の業務を通じ体験してきました。

私は、この体験をもとに、中小企業・小規模事業者の事業の維持・成長・発展のためコールセンターの必要性を強く感じました。

 

お客様のコミュニケーション情報を一括して収集し、管理し、それらの情報をお客様の問題や課題を解決に活かす手段としてコールセンターはとても有効なもので、その成功体験から、私たちは、様々なコミュニケーション情報の「収集発信装置」としてのコールセンターをつくる事業と、それらを実施するアウトソーシングサービスを提供してまいりました。

そのコールセンターも長い年月をかけて様々な変遷を遂げ、今では電話に限らず、FAX、メール、SNS、チャットなど複数のコミュニケーションの経路を取り扱うようになり、取り扱う情報の量も大きなものになっています。

それにもなって、顧客とのコミュニケーションの重要性も一部の企業以外にも周知され、得られるコミュニケーション情報が経営戦略上の重要な役割を担うようになりました。加えて昨今では、頻発する自然災害時における事業継続計画おいても注目さるなど、新たな活用も検討されるようになりました。

そんな社会的・経営的環境の変化のなかで起きたのが新型コロナ感染症の拡大でした。

私たちは、この厳しい経営環境の中、夢や希望を捨てず日本の未来のため、従来の方法にこだわらず、「新しい生活様式の変化」の中に必ず新しいビジネスチャンスがあると信じています。私たちは、私たちが経験してきたものを中小企業・小規模事業者の維持・発展のために、従来のコールセンターの枠から抜け出し、お客様との間で得られたコミュニケーション情報を活かすソリューションベンダーとして生まれ変わる覚悟をもち、真摯に臨んでいきます。

私たちの経験と私たちの提供するサービスが、中小企業・小規模事業所の発展に繋がり、会社とそこで働く従業者とその家族の幸せのため今まで以上に尽力して参る所存です。

ICI株式会社 代表取締役 島田晃徳

 

 

 


 

〒 810-0041  福岡市中央区大名2-12-10 第2赤坂ビル4F
ICI株式会社
TEL:092-739-5331
info@icii.jp


会社に関するお問合せはこちらから。